小さな会社が今すぐインターネット集客をはじめるべき3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国規模で商売しているわけでもなければ、インターネット通販などネット上で商売しているわけでもない。

うちは小さな会社だからインターネットで売り上げがあがるなんて、何となくイメージが沸かない。

インターネットを使うとなると、お金がかかりそう、大変そう、難しそう。
など、インターネット集客と聞くと、現実的でないように感じたり、ちょっと手が出しずらいと思われる方も多いようです。

ところで、あなたはビジネスではなく日常において、インターネットを利用していますか?
と、聞かなくてもこのサイトをご覧いただいているので、利用しているに決まっていますね。

総務省に、こんなデータがあります。


出典:総務省  通信利用動向調査より

 

今さらながら、インターネットを利用している人が日本にどのくらいいるかということが、この図からもお分かりいただけるでしょう。

日本の約84%の人がインターネットを利用しているということですね。
インターネットは、私たちの生活の一部・なくてはならないものとして定着しており、使わない生活なんて考えられないという人もいるくらいです。

そんな今、ビジネスの世界では、イチ早くインターネット集客をはじめた会社だけが「一人勝ち」という状況になっているのです。
中には、お世辞にもとても良い商品・良いサービスといえないモノも存在しているのが現実です。

商品・サービスには自信がある!もっとお客さんに価値を届けたい!そんなあなただからこそ、今すぐにでもインターネット集客をはじめるべき理由を3つ挙げていきます。

1、スマートフォンの急速な普及

携帯電話の登場により、どこにいても電話ができるようになったと思えば、あっという間にスマートフォンが現れ、どこにいてもインターネットまでも利用できるようになりました。

もう今は、家に帰ってパソコンを開いてインターネット・・・という時代ではないですよね。


出典:総務省  通信利用動向調査より

そしてこの図は、今では日本の半数以上の人がスマートフォンを所有しているというデータです。

私の母も、従来の携帯電話(ガラケー)を利用していたのですが、携帯キャリアからガラケーのサポートが終了するとの通知がきたため、スマートフォンに変更。
ついにスマートフォンユーザーになりました。

この流れからも、今後ますますスマートフォンの普及は進んでいきます。
今までガラケーを利用していた人たちも、スマートフォンへと変更することで、今まで以上にインターネットが身近になっていきます。

こうしてスマートフォンが当たり前になることで、何でもスグにGoogleやYahoo!などで検索して調べることができるようになり、情報収集はまず始めにインターネットからという人がさらに増えてくるでしょう。

2、今の時代はまず検索

ちょっと考えてみてください。
あなたがインターネットを利用するのは、どんな時でしょうか。

私の場合は、
・はじめて知ったことについて、もっと知りたいとき
・欲しいものを買う前に、他にもないか調べたいとき
・初めていく場所に、どんなモノがあるか調べたいとき
・初めてやることに対して、いい方法があるか探したいとき
・ヒマなとき^^

たくさんありますが、モノを買う・どこかに行く・何かを始める、行動する前には必ずといっていいほど、「インターネットで検索をして」というスタイルになっています。

あなたはどうでしょうか。

例えば、友人と旅行先で食事をするお店を探そう!となった時、まさか事前に現地まで探しに行くわけもないので、行く前にとりあえずネットで情報収集をして、その中のいくつかをピックアップしたりしますよね。

その時にインターネット上で見つからないお店はどうなるでしょうか?
私たちは、お店があることすら知らない・気付かないまま旅行を終えるでしょう。

ここでは旅行というケースでお話ししましたが、ちょっとした食事・美容院・病院・習い事などのお店や教室、弁護士・司法書士・税理士などの事務所もみんなそうです。

あなたもインターネットで調べたことが、一度や二度ありますよね。

この「検索」の段階でまず見つけてもらい、検討のテーブルに乗るためにも、ネットが欠かせないことは、自分の行動からも分かることなのです。

ではホームページを作ってインターネット上に載せておけばいいのか。
ある地方の限られた場所では、もしかしたらそれだけで売上げがあがるということもあるかもしれません。

ですがほとんどの場合、答えは「そういう時代もありました」です。
今は、どこでもホームページがあるのは当たり前ですよね。

それはただ、インターネットを始めたに過ぎないのです。

インターネットを正しく使って「集客」をすることで、まず検討のテーブルに乗ること。
これができなければ、どんどん厳しくなっていくでしょう。

3、スマホネイティブの登場

デジタルネイティブならぬ、スマホネイティブが市場に入ってきています。

学生時代からインターネットやパソコンのある生活環境で育ってきたのが1980年前後に生まれた世代がデジタルネイティブ。
ということは・・・今、市場に入ってきている世代は、生まれた時からスマホが当たり前、という環境で育ってきているということです。

私たちよりもよっぽど使いこなしているわけですが、これから市場の中心になっていく世代でもありますので、彼らを無視することはできません。

インターネットで集客をしていないと、彼らの目に触れることは難しくなっていくでしょう。

 

まとめ

ここまで、インターネットが必須であるというお話をしてきましたが、何も新聞・雑誌・チラシなどの広告の手法が役に立たなくなってくるということではありません。

あくまでオンライン・オフラインともに活用していくことが理想です。

そして、あなたのビジネスにおけるターゲット層はどこなのかによっても違いはあるでしょう。

しかし、今までオフラインが有効であった世代においても、スマートフォンの普及が進んでいるということは、おさえておいて欲しいポイントです。

時代の流れに合わせて、お客さんを取り巻く環境も変化しています。
ということは、それに合わせてあなたのビジネスも変化が必要になるということです。

今までの集客と何も変わっていないのに、徐々に売り上げが下がっている、利益が減っているという状況であれば、このサイトを通じて、今からでもインターネットを正しく使って集客をはじめていきましょう。

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。